代表的な腰痛関連の疾患。


*脊椎分離症

  脊椎の骨と骨が離れた状態で、長い時間立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を続けた時に痛くなる一種の骨折の状態。若いころにスポーツをしていた人に多く見られ、腰への負担から疲労骨折を表す。骨が折れた状態でも痛みが出ないこともあるが、分離症から脊椎すべり症に移行することもある。


*腰椎椎間板ヘルニア

  腰椎の椎間板の中にある髄核が飛び出し、神経を刺激して痛みやふくらはぎにシビレが表れる。

  30~50代の人に多く見られ高齢者に起こるのはまれ。

  保存療法で最短3ヶ月の経過観察していく方法が多くとられる。

  (ヘルニア塊が吸収、縮小することがMRI により確認されることが多いため)

  麻痺症状が出るほどになると手術をおこなうケースが多い。


*脊椎すべり症

  脊椎が前後にずれて、腰痛や下肢のシビレ、足の痛みなどがでる。

  安静にして薬や腰を固定する装具などで治療するが、手術をするケースもあり、原因と症状がタイプによって異なる。


*変形性脊椎症

  加齢によるっ脊椎の老化により骨や椎間板が変形して、腰に痛みが出る病気。

  動き始めた時に痛みがあり、特に朝起き上がる時に痛みがあるケースが多い。

  疲れたとき、寒い時に腰が痛むのもこの病気の特徴的な症状。


*脊柱管狭窄症

  脊柱管が狭くなって、中を通っている神経の束や血管、脊柱管から出ている神経(神経根)が圧迫されて

痛みやシビレなどが出る病気。生まれつき脊柱管の狭い人が、加齢による脊椎の老化から発症するケースがほとんど。階段を下りるときや、長時間歩いた時に痛みを感じ、前かがみで休むと楽になる。

間欠性派跛行のある変形性脊椎症ともいえる。