きんきんまくせいとうつうしょうこうぐん

筋筋膜性疼痛症候群 (Myofascial Pain Syndrome: MPS) 

 

筋肉が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気。

日本では筋痛症とも呼ばれることもある。

 

この病気は1980年代にアメリカで『Travell & Simons’ Myofascial Pain and Dysfunction: The

Trigger Point Manual (筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』

(Janet G. Travell 医師とDavid G.Simons医師の共著)という医学書にて発表された。

 

急激に重い物を持ったり、無理な姿勢等により繰り返し筋肉に負荷をかけると

筋肉に微小損傷が発生する。いわゆる筋肉痛の状態。

通常、この痛みは数日程度で自己回復をするが、

さらに繰り返し筋肉に負荷を与えたり、寒冷にさらされたりして血行の悪い状態を作ると、

その部分が痙攣(けいれん)状態になり短期間で自己回復できなくなる。

この状態が筋筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態。

 

筋筋膜性疼痛症候群(MPS)では一般的な筋肉痛とは異なり、

痛みやしびれの強さが相当激しいものになり、

さらに痛みやしびれの範囲が広範囲に発生する。

硬直しているような部位を押すと痛みが広がるような点が見つかるが、

この点をトリガーポイントと呼ぶ。

首、肩、腰、下肢などに多く起こり、複数の部位に症状が出る場合もある。

一般的に肩こりや首こりなどといわれるもののほとんどが筋痛症だとされている。



MPSの特徴的症状 ⇒ 関連痛と不定愁訴

【MPSの症候・徴候】

 ・痛み、動作痛、痛覚過敏

 ・こわばり感、こり感、筋の異常感覚

 ・足腰の冷え、末梢の冷え

 ・発汗異常

 ・皮膚の異常、爪の異常

 ・免疫機能の低下

 ・全身性の疲労、眼精疲労、睡眠障害

 ・気候の変動、心理的ストレスによる悪化

 

【関連痛】

 ・痛みとなる原因が生じた部位から離れた場所に感じる痛み。

 ・関連痛はしばしば、深部組織:内臓、筋肉、関節の損傷によって起こる。

  *腰背部痛の60~70%は関連痛である。

 

【不定愁訴】

  自律神経失調症と診断されることが多い。

  「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、

    かつ顕著な精神障害のないもの」(日本心身医学会)とされている。

 〈主な症状〉

  疲れやすい、だるい、不眠、食欲不振、めまい、頭痛、やる気が出ない、吐き気

  いらいらする、ドライアイ、耳鳴り、味覚異常、動悸、息切れ、息苦しい、首肩がこる、

  胸焼け、おなかが張る、腰が痛む、手足がしびれる、頻尿、便秘、下痢、抑うつ、

  不安感、神経質になる  etc